*

通貨の為替レート

「スプレッド」とは外為取引は外貨を売買して利ざやを得る投資です。

 

取引の値は常に変動しています。

 

これが為替レートです。

 

ラジオを聞いていると、通貨の為替レートの情報が流れることがあります。

 

例としてあげると、「本のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを提示しています。

 

つまり、売買には買いと売りの2つの値があります。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表しているFX業者もあったりします。

 

平常時には売値のほうが買値よりも低い値段になっています。

 

現実に買うときには高く、売るときには安くなります。

 

その差分をスプレッドといい、FX会社の収益とされています。

 

スプレッドはFX業者によって異なります。

 

スプレッドの幅は自分にとって手数料になるので、低い取引業者をピックアップするほうが儲けられます。

 

ただし、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッドの差は変わります。

 

もし平常時はドルと円の組合せで1銭のスプレッドの広さとは言っても相場の上下動が大きい状態では3銭、4銭になったりするのです。

 

そういう訳で、スプレッドが低いのと同じくらい、固定している事が重要です。

 

変わらないスプレッド幅を表示する業者もいくつも存在します。

 

リアルにFX業者の取引画面の上で市場を確認しなければ判別できないので手間がかかりますが、不可欠な事です。

 

大事な財産を預けて売り買いをするのだから実際のトレードの前に、魅力的に思えたFX会社の取引するための口座開設を積極的にして表示されているスプレッドの広さを確かめましょう。

 

同じ通貨でも、そのときの外国為替市場のボラティリティによって外貨のスプレッドの幅は異なることがあります。

 

通常、銀行間取引市場で売買高が多い通貨ではスプレッドの幅が狭くこの他の通貨ではスプレッドの差が拡大する事がよくあります。

 



コメントする